コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキカビモドキ ムラサキカビモドキ Polysphondylium violaceum

2件 の用語解説(ムラサキカビモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキカビモドキ
ムラサキカビモドキ
Polysphondylium violaceum

細胞性変形菌類のうち最も大きくなる種。ソロフォア sorophoreという子実体は,ときに長さ 10cmをこえ淡紫褐色を呈し,5~7段またはそれ以上の輪生枝を生じる。主軸の頂端および輪生枝端に胞子塊をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキカビモドキ
むらさきかびもどき
[学]Polysphondylium violaceum

細胞粘菌類タマホコリカビ目のタマホコリカビ科ムラサキカビモドキ属の菌類をいう。この属は胞子が発芽して生じた細胞壁のない単細胞体が栄養体で、これは粘菌アメーバといわれ、糸状の偽足(ぎそく)がある。粘菌アメーバは分裂して増殖し、やがて流れをつくって集合し、偽変形体といわれる白色の細胞集団をつくる。この細胞集団はゆっくりと移動したあと、中心部に突起ができ、これが伸びて、高さ約1センチメートルの子実体の柄(え)を構成する。この柄は、セルロース性の鞘(さや)で包まれて空胞化した細胞群からなり、柄の途中の数か所から輪生する3、4本の淡紫色の小枝を生ずる。他の粘菌アメーバ集団は柄の主軸と小枝の先にあって、淡紫色で球状の胞子塊をつくる。これは粘液に包まれている。このような子実体は動物の糞(ふん)などに生ずる。偽変形体は環境が悪化するとマクロシスト(大包嚢(だいほうのう))を形成するが、この過程で有性生殖があるといわれる。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキカビモドキの関連キーワード細胞性変形菌類真菌類変形菌類塑性変形変形菌真菌分化能アクラシス胞子囊粘菌類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone