コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキクルマナマコ Polycheira rufescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキクルマナマコ
Polycheira rufescens

棘皮動物門ナマコ綱無足目クルマナマコ科。体は円筒状で長さ 15cmに達し,全身紫色がかった褐色で,触手が最も濃い。体表には輪状骨片が集ってできた白い小さな斑点が散在する。このほかにC字状体の骨片もある。触手は 18本あり,おのおのの先端は8~16対の小枝掌状に広がっている。潮間帯の礫の下に群がってすむ。相模湾以南に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android