コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキサギゴケ

2件 の用語解説(ムラサキサギゴケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ムラサキサギゴケ

ゴマノハグサ科の多年草。本州〜九州,東アジアの田や野原にはえる。葉は根生。春〜夏,葉間から高さ5〜10cmの花茎を出し,長さ1.5〜2cmの白色または淡紫色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のムラサキサギゴケの言及

【サギゴケ(鷺苔)】より

…和名は花冠の形がサギの頭を思わせることからきたと思われる。白花品をサギゴケといい,普通品はムラサキサギゴケと呼ぶべきだという人がいるが,サギゴケの名は江戸時代から紫の品をよんでいた名で,〈白鷺〉にこだわるのは誤りである。本州,四国,九州,中国中部に分布する。…

※「ムラサキサギゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムラサキサギゴケの関連キーワードヨモギ藺草海蘭小米草胡麻の葉草鷺苔岩袋塩竈菊雛の臼壺姫鍬形

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone