ムラサキサギゴケ

百科事典マイペディアの解説

ムラサキサギゴケ

ゴマノハグサ科の多年草。本州〜九州,東アジアの田や野原にはえる。葉は根生。春〜夏,葉間から高さ5〜10cmの花茎を出し,長さ1.5〜2cmの白色または淡紫色唇形(しんけい)花を開く。上唇は小さいが,下唇は大きく中央に濃色斑点がある。花が終わると花茎の基部から匍匐(ほふく)枝が出て繁殖。サギゴケともいうが,これは本来は白花品につけられた名称。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のムラサキサギゴケの言及

【サギゴケ(鷺苔)】より

…和名は花冠の形がサギの頭を思わせることからきたと思われる。白花品をサギゴケといい,普通品はムラサキサギゴケと呼ぶべきだという人がいるが,サギゴケの名は江戸時代から紫の品をよんでいた名で,〈白鷺〉にこだわるのは誤りである。本州,四国,九州,中国中部に分布する。…

※「ムラサキサギゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android