コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルマンスク州 ムルマンスクMurmansk

1件 の用語解説(ムルマンスク州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルマンスク〔州〕
ムルマンスク
Murmansk

ロシア北西端部の州。州都ムルマンスクコラ半島にあり,白海,バレンツ海で囲まれ,西はノルウェーフィンランドに接する。氷河作用を受け,高地と低地の入組んだ地形を示し,湖や湿地帯が多い。最高点は中部にあるヒビヌイ山地の 1191m。沿岸を暖流が流れているため,冬季は高緯度に位置するわりに温暖で,1月の平均気温-11~-5℃,7月は8~14℃。年降水量 300~750mm。北部はツンドラ,中部,南部は森林地帯に入る。主要産業は豊かな地下資源 (ニッケル,銅,鉄鉱,リン灰石) を開発する鉱業,非鉄冶金,化学工業,水産業で,トナカイ,毛皮獣,乳牛などの飼育も行われる。交通はおもにサンクトペテルブルグとムルマンスクを結ぶ鉄道幹線と空路により,不凍港ムルマンスクはロシアの海洋交通の大中心地の一つである。面積 14万 4900km2。人口 115万 9000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムルマンスク州の関連情報