ムルレ族(読み)ムルレぞく(英語表記)Murle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルレ族
ムルレぞく
Murle

南スーダンのエチオピアとの国境付近に住むナイロ=ハム語系の半遊牧民。ウシロバ牧畜トウモロコシや雑穀類の農耕からなる混合経済を営む。伝統的な理念として,聖なる太鼓と結びついた四分組織的な 4人の首長からなる政治構造をもっていた。首長の氏族といくつかの平民氏族からなり,過去においては主として軍事的機能をもつ年齢組体系があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android