コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンク・サルディク[山] Munku‐Sardyk

1件 の用語解説(ムンク・サルディク[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムンク・サルディク[山]【Munku‐Sardyk】

ロシア連邦南東部,中央シベリア南部にある東サヤン山系の主峰。山体は花コウ岩より構成され,6峰に分かれる。最高点は標高3491m。東サヤン山系の南寄りに並行するボリショイ・サヤン山脈東部にあり,ロシア(北)とモンゴル(南)の国境にあたり,真南の直下にフブスグル湖見下ろす。山頂付近に数条の氷河をかけ,その総面積は約1.3km2。山腹は標高約2000mまでは森林に覆われ,それ以上は草地である。【渡辺 一夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のムンク・サルディク[山]の言及

【サヤン山地】より

…東サヤン山脈はクラスノヤルスクの南西部にはじまり,東南東に約1100km走ってバイカル湖西岸付近に至る。支脈のボリショイ・サヤンは南を走ってロシアとモンゴルの国境を形づくるが,ここにサヤン山地最高峰のムンク・サルディク山(3491m)がそびえる。サヤン山地の北部は標高数百mの丘陵や低い山地からなるが,南に下ると高度を増す。…

※「ムンク・サルディク[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムンク・サルディク[山]の関連キーワードシベリア気団ネルチンスクノボシビルスククズバス炭田ロシア連邦УфаТобольскНерчинскБарнаулСаха

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone