コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンク・サルディク[山] Munku‐Sardyk

1件 の用語解説(ムンク・サルディク[山]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムンク・サルディク[山]【Munku‐Sardyk】

ロシア連邦南東部,中央シベリア南部にある東サヤン山系の主峰。山体は花コウ岩より構成され,6峰に分かれる。最高点は標高3491m。東サヤン山系の南寄りに並行するボリショイ・サヤン山脈東部にあり,ロシア(北)とモンゴル(南)の国境にあたり,真南の直下にフブスグル湖見下ろす。山頂付近に数条の氷河をかけ,その総面積は約1.3km2。山腹は標高約2000mまでは森林に覆われ,それ以上は草地である。【渡辺 一夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムンク・サルディク[山]の言及

【サヤン山地】より

…東サヤン山脈はクラスノヤルスクの南西部にはじまり,東南東に約1100km走ってバイカル湖西岸付近に至る。支脈のボリショイ・サヤンは南を走ってロシアとモンゴルの国境を形づくるが,ここにサヤン山地最高峰のムンク・サルディク山(3491m)がそびえる。サヤン山地の北部は標高数百mの丘陵や低い山地からなるが,南に下ると高度を増す。…

※「ムンク・サルディク[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone