コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンドゥッ寺院 ムンドゥッジイン

デジタル大辞泉の解説

ムンドゥッ‐じいん〔‐ジヰン〕【ムンドゥッ寺院】

Candi Mendut》インドネシア、ジャワ島中部のボロブドゥール仏教遺跡の東約3キロメートルにある寺院。9世紀初期、シャイレーンドラ朝時代に建造。段台や堂の壁に浮き彫りが施され、堂内にはグプタ様式の優美な石仏三尊像が安置する。1991年に近郊のパオン寺院とともに「ボロブドゥール寺院遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ムンドゥ寺院。ムンドゥット寺院

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ムンドゥッ寺院の関連キーワードムンドゥット寺院ムンドゥット寺院アルジュナ寺院群スクー寺院セウ寺院チェト寺院チュト寺院パオン寺院プランバナン寺院群ロロジョングラン寺院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android