ムンリク(蒙力克)(読み)ムンリク(英語表記)Münlig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンリク(蒙力克)
ムンリク
Münlig

モンゴル帝国の武将。モンゴル部のコンゴタン氏の人。チンギス・ハンの父イェスゲイ (也速該) の遺命で,妻ボルテの里にいたチンギス・ハンを連れ戻した。のちケレイト部のワン・ハン (王罕) 父子がチンギス・ハンを宴会に招き殺す計画を立てたときそれを見破り,出席を中止させた。 1206年モンゴル帝国成立後その功績によって千戸長に任じられた。彼の子ココチュ (闊闊出) は有力なシャーマンで,チンギス・ハンの位の簒奪を企て殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android