メアリー マクミラン(英語表記)Mary Mcmillan

20世紀西洋人名事典の解説


1912 -
米国の宗教家,教育者。
元・広島女学院院長。
フロリダ州ペンサコラ生まれ。
1930年フロリダ州立大学に入学、スニーズ高等学校、テイト農業高校に勤務後、’37年テネシー州スカーレット大学大学院入学、聖書文学を専攻し’39年修士号取得。その後メソジスト監督教会で宣教師任命、’40年来日、広島女学院高等学校、啓明女学院に勤務し’41年帰国。’47年再来日、広島女学院専門部教授、’60年同女学院院長、学長代行を務め、’54年には広島日米協会役員、’80年広島市特別名誉市民となる。「ヒロシマこだまに―メアリーマクミランと広島―」(’80年)等の著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android