コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メアリービル Maryville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メアリービル
Maryville

アメリカ合衆国,テネシー州東部の都市。ノックスビルの南で,グレートスモーキー山岳国立公園の入口にあたる。 1790年クレーグ砦周辺に建設された町から発展。市の北東に,のちにテキサス共和国大統領になった S.ヒューストンが開いた学校 (1794) の丸木小屋が復元されている。現在は豊富な電力を利用したアルミニウム精錬が主産業で,ほかにコムギや果実の生産,繊維,衣料などの工業がある。ユバ大学がある。人口1万 9208 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メアリービルの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メアリービルの関連情報