メインバンク制度(読み)メインバンクせいど(英語表記)main bank system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メインバンク制度
メインバンクせいど
main bank system

メインバンクとは,融資シェアがトップで,長年にわたり親密な取引があるなど,その企業と特に密接な関係を持つ銀行。単に資金の供給にとどまらず,金融や企業経営に関する情報やアドバイスを提供し,株式の保有など資本面の交流,場合によっては役員を派遣しているケースも多い。また経営危機の際には,メインバンクが支援を行なうのが一般的である。メインバンク制度は,企業が恒常的な資金不足状態にあった高度成長期に発達したもので,日本に特有の制度とされている。最近では,企業の銀行離れが進み,メインバンクの地位も相対的に低下しているといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android