コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガネヘビ めがねへび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガネヘビ

インドコブラ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガネヘビ
めがねへび / 眼鏡蛇
spectacle cobra
[学]Naja naja

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。インドコブラの別名。頸(けい)部背面の「フード(頭巾(ずきん))」の斑紋(はんもん)が眼鏡状をした地方型が名の由来で、この型はインド地方に典型的な個体が多い。その他の個体は円形または帯状の斑紋をもつ。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメガネヘビの言及

【コブラ】より

…インドコブラ類にはさらに脅しの効果を高めるため,広がった頸部の背面に円形の目玉模様があり,おそらく背後に回る敵をたじろがせる効果があるのだろう。インド産のものでは2個の目玉模様が横に並び,そのためメガネヘビの異名がある。 フード(ずきん)と呼ばれるコブラ類の頸部は,長く発達した肋骨によって広げられ,インドコブラではもっとも著しい。…

※「メガネヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メガネヘビの関連キーワード世界のおもな水族館コブラ(ヘビ)コブラ斑紋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android