コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラヤ州 メガラヤMeghalaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガラヤ〔州〕
メガラヤ
Meghalaya

インド北東部にある州。南はバングラデシュと国境を接する。かつてはアッサム州の一部であったが,1970年4月に自治権を獲得,72年の州再編成によりアッサム州から分離して州となった。州都はシロン。州域は,カーシ,ジャインティア,ガロの各丘陵地から成り,地下資源が豊富で,カーシ,ジャインティア両丘陵から産する石炭はインドの石炭採掘量の約 20%,ケイ線石は 95%に達する。未開発の石炭,石灰岩の埋蔵量も豊富。世界最多雨地域の一つで,林業が盛ん。農業は一部では焼畑移動農業が行われ,生産性は低いが,イネ,トウモロコシ,ジャガイモなどを栽培。住民のほとんどはチベット=ビルマ系のガロ族か,モン=クメール系のカーシ族である。面積2万 2429km2。人口 176万 626 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メガラヤ州の関連キーワードヒニウトレプ民族解放評議会アチク民族義勇兵評議会ガーロ丘陵ディスプルカーシ丘陵スルマ川メグナ川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メガラヤ州の関連情報