コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラ派 メガラはMegarian school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガラ派
メガラは
Megarian school

ギリシア哲学史における小ソクラテス学派の一派。ソクラテスの友人メガラエウクレイデスによって創設された。学派についての詳細は分らないが,思想的にはパルメニデスに代表されるエレア派の存在論を採用してソクラテスの倫理学との調和を試みたらしい。エウクレイデスによると,人間にとっての唯一の善とは永遠に自己同一を保つ真実在であり,多様性と生成変化を本質とする現象 (仮象) 的世界は善に反するものであった。彼らは論理学,弁証法をよくし,後期メガラ派のエウブリデスディオドロス・クロノス,アレクシスらがその天才的詭弁を駆使した争論術は特に有名。メガラ派の代表的存在は第3代学頭のスティルポン

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メガラ派の関連キーワードエウクレイデス[メガラ]ゼノン(キプロスの)ゼノン[ストア]メガラ学派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android