コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詭弁 きべんsophistikē; sophistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詭弁
きべん
sophistikē; sophistry

故意に行われる虚偽議論をいう。の発生は,直接的な日常現実からの離脱としての論理的反省の機運が高まったときと期を同じくしている。そこに知的能力の用いられる可能性が開けたのだが,詭弁は次の2種類に大別されよう。 (1) 外見上は論理的に真理のようにみえながらも,実は論理則に背反した議論。 (2) 論理的真理をふまえながらも,前提となる命題の意味の多義性,曖昧さに乗じて,真とされる前提からも,とうてい真とはいえない結論を導く議論。なお歴史的に詭弁派と称されるのはギリシアソフィストたちで,これがそのまま語源となっている。元来ソフィステス sophistēsとは賢人を意味したが,前5世紀後半からは,町から町へ巡回しながら人々に知識を授けては謝礼金を取る一群の人々をさす言葉となった。代表的な人物にプロタゴラス,ゴルギアス,プロディコス,ヒッピアスがいる。彼らの共通点は弁論術を教えることであったが,弁論に秀でることが立身出世につながった当時では,多くの青年をひきつけた。しかし後期のソフィストたちは,哲学的問題よりも真偽にこだわらないで自己に有利に弁じ立てる才能を助長し,白を黒と言いくるめるような傾向を生んだので,詭弁派と称されることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐べん【×詭弁/××辯】

道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。こじつけ。「―を弄(ろう)する」
sophism》論理学で、外見・形式をもっともらしく見せかけた虚偽の論法。
[補説]1は「奇弁」、2は「危弁」とも書く。また、「弁が立つ」との混同で、「詭弁が立つ」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

詭弁【きべん】

自己主張,瞞着,論破・論難などの目的で行われる,一見正しそうで実は成立しない議論。英語sophism,sophistryなどは,古代ギリシアの弁論家集団ソフィスト(ソフィステス)に由来する。
→関連項目三百代言

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きべん【詭弁 sophism】

一見正しそうに見えるが実は成り立たない議論。ことさらに自己主張したり,相手を論破し困惑させたり,奇矯の説によってひとをおもしろがらせたりするのに用いられる。議論を売物としたギリシアのソフィストたちを論駁するために,すでにアリストテレスが統一的に研究している(《トピカ》《詭弁論》)。 詭弁は一般に受け入れられている,あるいは少なくとも相手に受け入れられる前提から出発し,論理的手続,あるいは少なくとも論理的にみえる手続によって結論に至らなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きべん【詭弁】

間違っていることを、正しいと思わせるようにしむけた議論。道理にあわない弁論。 「 -を弄ろうする」
〘論〙 〔sophism; sophistry〕 人をあざむくため故意に行われる、虚偽の推論。 → 虚偽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詭弁
きべん
sophistikギリシア語
sophismsophistry英語

相手を言いくるめるためのごまかしの議論。とくにギリシアのソフィストたちの用いた、実は非論理的であるのに見かけのうえでは論理的な議論をいう。真実を明らかにするためにではなく、ただ論争に勝つためになされる。この場合、たとえば「年をとるのは年をとっていない者である。ゆえに、年をとった者は若者である」といった、ことばのあいまいさを利用した議論や、「ソクラテスは人間である。しかるにコリスコスはソクラテスではない。ゆえにコリスコスは人間ではない」といった、にせの論理が用いられた。論理の規則に無知であったり、日常の習慣や感情にまどわされるとき、詭弁にごまかされやすい。アリストテレスは『詭弁的論駁(ろんばく)』でそのさまざまな例を示し、対抗の仕方を教えている。しかし他方では、ソクラテスの哲学的議論のような真正の論理が詭弁としてかたづけられることも多く、むしろこのほうを警戒すべきであるともいえる。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詭弁の言及

【公孫竜】より

…白馬は白と馬の2概念であり,馬は1概念であるから,白馬は馬と同じではない,のごとく説いた。詭弁とみられているが,名・実の概念を論理学的に追求したものと評価するむきもある。【日原 利国】。…

※「詭弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詭弁の関連キーワードブラウン(Sir Thomas Browne、医師、文人)ソフィスティケーションローカーヤタ派白馬は馬に非ずマッカロックパラドックスグロステストタチアノス海老澤健次デマゴーグメガラ学派オルガノン白馬非馬論ソフィズム武田航平メガラ派六十二見こじつけ越智正雄こわれ甕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詭弁の関連情報