コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコマンネングサ メキシコマンネングサSedum mexicanum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メキシコマンネングサ
Sedum mexicanum

ベンケイソウ科多年草メキシコでの栽培品とされているが原産地は明らかでない。東京を中心に関東以西の本州から九州に帰化していて,路傍空地に生える。花茎は直立し高さ 10~15cm。葉は鮮緑色で普通4輪生し,線状楕円形で長さ 1.3~2cm,幅2~3mm。4~5月,茎頂に集散花序を頂生し,枝を水平に広げて 20~40花を交互につける。花は5数性で,萼片は長さ3~6mm,花弁は濃黄色,菱状狭卵形で長さ約 4mm,花時に平開する。ツルマンネングサマンネングサ (万年草) に似るが,花茎が直立する,葉が円柱形で4輪生する,植物体が黄色や赤色を帯びない,などの違いがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のメキシコマンネングサの言及

【マンネングサ(万年草)】より

…葉が3輪生するものには,葉が線形のオノマンネングサS.lineare Thunb.,葉が菱形で地面を50cmもはうツルマンネングサS.sarmentosum Bungeがある。なお近年,都市などに帰化したメキシコマンネングサS.mexicanum Britt.は4輪生である。葉が対生する種にはマルバマンネングサS.makinoi Maxim.がある。…

※「メキシコマンネングサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メキシコマンネングサの関連キーワードマンネングサ(万年草)セダム