メキシコ建築(読み)メキシコけんちく(英語表記)Mexican architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「メキシコ建築」の解説

メキシコ建築
メキシコけんちく
Mexican architecture

前6世紀頃メキシコ渓谷に粘土岩石によるクィクィルコのピラミッドが構築され,前 200年頃から 650年頃にかけ広大な道路,広場,ピラミッド神殿をもつテオティワカン文化が生れた。またグアテマラホンジュラスユカタン半島には前5~4世紀にマヤ文明発達,切り石による神殿,邸宅,天体観測用の石造建築物が建てられ,人物,動物,植物の特殊な文様による装飾が施された。また9~12世紀にはトルテカ文化が展開,すぐれた記念碑的な建造物を構築した。 16世紀初めのスペイン人による征服後の植民地時代にはルネサンス様式バロック様式のカトリック聖堂が多く建てられ,1821年の独立以来,近代建築の影響も受け,20世紀に入ってはメキシコ特有の大壁画をもつ近代建築が盛んに建設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android