メシマコブ(和布島瘤)(読み)メシマコブ(英語表記)Phellinus yucatanensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシマコブ(和布島瘤)
メシマコブ
Phellinus yucatanensis

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。クワ生木について材の腐朽を起すキノコ子実体は柄を欠き,半円形で横径6~10cm,大きなもので 12cmに及ぶ。木質で硬く,上面は黒色,縁は鮮黄色で環溝があるとともに縦横に多くの亀裂がある。下面には黄色で多層子実層が形成される。孔口は細かくて円形をなし,それから出る胞子は淡黄褐色。本州,九州,小笠原諸島に産し,古来漢方薬とした。また北アメリカおよびオーストラリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android