コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジャーリーグ めじゃーりーぐmajor league

翻訳|major league

4件 の用語解説(メジャーリーグの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

メジャーリーグ

メジャーリーグ(MLB:Major League Baseball)は1876年に誕生したナショナル・リーグと、1900年に発足したアメリカン・リーグの2つからなり、94年からは従来の1リーグ2分割から各3地区に分けて行われている。フランチャイズを望む都市は全国に100以上あるといわれ、フロリダコロラドを加えた93年のエクスパンション(リーグ拡大)に次いで98年からはアリゾナ、タンパベイが加盟し、現在はナ・リーグ16球団、ア・リーグ14球団の計30球団が従来の東西2地区に中地区を加えた3地区で162試合のレギュラーシーズンを戦う。97年からはファンの要望に応え、年間9試合のリーグ交流試合も公式戦に加え、レギュラーシーズン後に、地区プレーオフ、リーグ・プレーオフを経てワールドシリーズと続くポスト・シーズン・ゲーム行われるマイナーリーグはAAA級、AA級、A級の3段階に分けられ、A級には2〜3カ月のショートシーズン、上級ルーキー、ルーキーの教育リーグを含む。また、これらの組織外にも独立リーグシティーリーグなどがある。メジャーとマイナーでは統一契約書が異なり、メジャーの支配下選手は40人、出場選手登録は25人(9月1日以降は40人)となっている。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メジャー‐リーグ(major league)

米国プロ野球のトップリーグ。アメリカンリーグナショナルリーグの二つのリーグからなり、それぞれ東・中・西の3地区に分かれている。レギュラーシーズンには、同リーグ同地区内だけでなく、他地区のチームとの対戦や、リーグ間の交流戦(インターリーグ)も行われる。1チームの年間試合数は162試合。各地区の1位を除いたチームのうち勝率の高い2チームが対戦し、それに勝利したチームと各地区の1位になったチームの4チームでプレーオフを行い、リーグ優勝チームを決める。この後、両リーグの優勝チーム同士でワールドシリーズを行い、シーズンの優勝チームを決める。大リーグ。MLB(Major League Baseball)。→マイナーリーグ
[補説]MLBにはカナダ本拠地を置くチーム(トロント‐ブルージェイズ)も参加している。また、クリケットサッカーホッケーなどの競技にも、最上位のリーグとしてメジャーリーグがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

メジャーリーグ【Major League】

だいリーグ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

メジャーリーグの関連キーワード新ポスティングシステムジム スモールMinorシティ・フィールドクオリファイング・オファー先発6人制松本さち森伸Major大リーグ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メジャーリーグの関連情報