コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスグロホウカンチョウ Crax alector; black curassow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスグロホウカンチョウ
Crax alector; black curassow

キジ目ホウカンチョウ科。全長 85~95cm。雌雄の羽色は似ている。光沢のある黒色の鳥で,下腹が白く,頭に巻き毛のような変わった冠羽(→羽冠)があり,尾羽は長い。は基部が黄色で,オレンジ色の強い鳥もいる。南アメリカコロンビアからベネズエラ東部,ブラジル北部などアマゾンの北部の密林にすみ,地上で果実や種子,葉,無脊椎動物などを食べて生活するが,巣は樹上につくり,2~3卵を産んで温める。日本にはまれに飼鳥として輸入され,動物園などで飼養されている。なお,ホウカンチョウ科 Cracidaeは 55種からなり,中央アメリカ,南アメリカに分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android