飼鳥(読み)しちょう(英語表記)cage bird

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「飼鳥」の解説

飼鳥
しちょう
cage bird

主として観賞用および愛玩用の目的で人間に飼われている鳥類の総称。飼鳥には野鳥を捕獲して飼養する場合から,カナリアブンチョウセキセイインコなどのように幾世代にもわたって飼養された結果人為的品種を生じたものまである。飼鳥の対象となる鳥はスズメ目,オウム目,キジ目に属するものが多い。日本では古代から飼鳥の伝統があり,特にさえずりにすぐれたウグイスコマドリ,ホオジロなどが飼鳥の王座を占めていたが,現在では野鳥保護の観点から野鳥の飼養は原則として禁止されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「飼鳥」の解説

かい‐どり かひ‥【飼鳥】

〘名〙 (「かいとり」とも) 愛玩用、または観賞用として籠や檻(おり)の中で鳥を飼うこと。また、その飼われている鳥。広く、飼われている鳥すべてをいうこともあるが、ふつう、ニワトリなど実用的な目的で飼われている鳥はささない。〔吾妻鏡‐元仁二年(1225)二月二四日〕
※天理本狂言・(室町末‐近世初)「なふなふそこな人は、人のかい鳥をなぜにとるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飼鳥」の解説

かい‐どり〔かひ‐〕【飼(い)鳥】

ペットとして飼う小鳥カナリアブンチョウインコなど。⇔野鳥
[類語]野鳥水鳥水禽海鳥家禽渡り鳥候鳥夏鳥冬鳥漂鳥留鳥旅鳥迷鳥禁鳥保護鳥益鳥害鳥雄鶏雌鳥小鳥猛禽鳴禽珍鳥始祖鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android