コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスピペット 〈ドイツ〉Meßpipette

デジタル大辞泉の解説

メスピペット(〈ドイツ〉Meßpipette)

少量の液体を精度よく量り取るのに用いる、目盛りのついたガラス製のピペット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メスピペット【Messpipette】

目盛り付きのガラス製細管。化学分析で微少量の液体を正確に量り取るのに便利であるがホールピペットに比べて精度は劣る。モールピペット。 → ピペット

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスピペット

化学分析器具」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメスピペットの言及

【ピペット】より

…一定容積の液体を取り出すために用いられるガラス製測定器。きわめて多くの種類のものがあるが,そのおもなものはホールピペットwhole pipetteとメスピペットmeasuring pipetteである。ホールピペットは全容ピペットともいう(図‐a,b)。…

※「メスピペット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メスピペットの関連キーワードモールピペット化学実験

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android