メッサーシュミット109(読み)メッサーシュミットいちれいきゅう(英語表記)Messerschmitt 109

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史上最多の3万 5000機が生産された,ドイツの戦闘機。略して Me109,または Bf109ともいう。第2次世界大戦末まで9年間ドイツの主力戦闘機の座にあった。日進月歩の戦闘機が9年の長きにわたって主力の座を守り続けたのは非常に珍しい。 1934年ウィリー・メッサーシュミットによって設計され,スペイン内乱で試用された。その結果さまざまな改良が加えられ,多くの派生型が生まれた。最もよく知られているのは Me109Eで,イギリス本土航空決戦 (バトル・オブ・ブリテン) に投入され,イギリス空軍スーパーマリーン・スピットファイアやホーカー・ハリケーンとしのぎを削った。急降下性能や上昇力など高速性能は抜群だったが,運動性はイギリス機のほうが優れていた。また航続距離も短かった。ダイムラーベンツのエンジン (1150馬力) 1基を搭載,最大速度は時速 570km。高度性能もよく,実用上昇限度は1万 1000m。 20mm機関砲2,機関銃2を装備する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android