日進月歩(読み)ニッシンゲッポ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 日に月に絶えまなく進歩すること。
※漂泊(1907)〈石川啄木〉一「日進月歩の文明はこれで厶いと威張る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

日に月に絶えまなく進歩すること。

[活用] ―する。

[使用例] すなわちピアノは、ピアニスト技巧の進歩に応じて、その要求を満たせるために進月歩した[河上徹太郎ヴァイオリンオイストラフ|1955]

[使用例] 日進月歩の医学の中でも、特に心臓外科の進歩の速度は、一年前に不可能であったことが、今年、可能なんですから[山崎豊子白い巨塔|1965]

[解説] 同じような意味合いの語を重ねて強調した表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日進月歩の関連情報