コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メテイヤージュ métayage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテイヤージュ
métayage

主としてフランスのアンシアン・レジームの時代にみられた小作制度の一形式。定率小作制,分益小作制などと訳される。普通,役畜,大型農具の大部分地主から借受け,収穫高の一定率 (通常,半分) を地主に納める。フェルマージュ (定額小作制) と対比されるが,それに比べて農民の隷属性は強く,経営規模も零細なものが多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android