コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メテイヤージュ métayage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテイヤージュ
métayage

主としてフランスのアンシアン・レジームの時代にみられた小作制度の一形式。定率小作制,分益小作制などと訳される。普通,役畜,大型農具の大部分地主から借受け,収穫高の一定率 (通常,半分) を地主に納める。フェルマージュ (定額小作制) と対比されるが,それに比べて農民の隷属性は強く,経営規模も零細なものが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android