メテイヤージュ(英語表記)métayage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテイヤージュ
métayage

主としてフランスのアンシアン・レジームの時代にみられた小作制度の一形式。定率小作制,分益小作制などと訳される。普通,役畜,大型農具の大部分地主から借受け,収穫高の一定率 (通常,半分) を地主に納める。フェルマージュ (定額小作制) と対比されるが,それに比べて農民の隷属性は強く,経営規模も零細なものが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android