コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役畜 エキチク

デジタル大辞泉の解説

えき‐ちく【役畜】

農耕や運搬などの労役に用いられる家畜。牛や馬など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきちく【役畜】

農耕・運搬などをさせるために飼っている家畜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の役畜の言及

【家畜】より

…家畜は利用の目的によって農用動物farm animal,愛玩動物(ペット)pet animal,実験動物laboratory animalに大別することができるが,狭義の家畜としては農用動物のみをさすこともある。農用動物は乳・肉・卵・毛・皮革・毛皮・羽毛などの畜産物を生産する用畜と,労働力を利用される役畜に分けられる。現在,世界で家畜として取り扱われているおもな動物は次のとおりである。…

※「役畜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

役畜の関連キーワードカルチベーター中国土地改革法メテイヤージュマネーミュールラテンアメリカフランク王国オトラボトカコルホーズラメット族すき(犂)カサマ制度神の平和分益小作シュリーシュリ公ヤナコナ人民公社砕土機農奴制合作社

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android