メネラウスの定理(読み)メネラウスのていり(英語表記)Menelaus' theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メネラウスの定理
メネラウスのていり
Menelaus' theorem

三角形 ABCの3辺 BC,CA,ABまたはその延長が1直線と交わる点をそれぞれP,Q,Rとすれば BP/PC・CQ/QA・AR/RB=1 であるという定理メネラウスの定理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メネラウスのていり【メネラウスの定理 Menelaus’ theorem】

古代ギリシアの数学者・天文学者メネラオス(ラテン名メネラウス)が発見したといわれ,その名を冠して呼ばれる初等幾何学の定理。△ABCの辺BC,CA,AB上またはそれらの延長上にそれぞれ点D,E,Fがあって,これらが三角形の頂点に一致しないとき,3点D,E,Fが同一直線上にあるための必要十分条件は,が成り立つことである(図)。【中岡 稔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メネラウスの定理
めねらうすのていり

三角形ABCにおいて頂点を通らない直線が三辺BC、CA、ABあるいはその延長と交わる点を、それぞれD、E、Fとするとき、各辺を内分あるいは外分する三つの比の積は1となる。すなわち
  BD/DC・CE/EA・AF/FB=1
である。これをメネラウスの定理という。メネラウスMenelaus(生没年不詳)は100年ころアレクサンドリアで活躍した天文学者で、球面三角形についての類似の定理をも導いている。この定理の逆も成立する。すなわち、三角形ABCの辺BCの延長上に点Dが、辺CA、AB上に点E、Fがあり、前述の三つの比の積が1ならば、3点D、E、Fは一直線上にある。これは、3点とも辺の延長上にある場合も同様である。これらの定理は、3点が一直線上にあることを証明するのに用いられる。3点が一直線上にある定理を共線定理という。メネラウスの定理の逆の成立は共線定理の基本である。[柴田敏男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メネラウスの定理の関連情報