コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分 ナイブン

デジタル大辞泉の解説

ない‐ぶん【内分】

[名](スル)
表沙汰にしないでおくこと。内聞。「事件を内分にする」
線分上に点をとり、その線分をある比に分けること。「線分ABを内分する点C」⇔外分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内分【ないぶん】

線分AB上AとBの間に点PをとったときAP:PB=m:nならば,PはABをm:nの比に内分するという。→外分

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないぶん【内分 internal division】

線分ABがあるとき,この線分ののっている直線上に点Cをとって二つの線分AC,CBを作ることを,Cが線分AB上にあれば線分ABをCで内分するといい(図1),Cが線分ABの延長上にあれば線分ABをCで外分external divisionするという(図2)。このときAC:CB=mnならば,Cは線分ABをmnに内分,または外分する点と呼ばれる。A,Bの位置ベクトルがならば,線分ABをmnに内分,または外分する点の位置ベクトルは,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないぶん【内分】

( 名 ) スル
表ざたにしないこと。内密。内聞。 「 -にしておく」
〘数〙 ある線分上の一点で、その線分を二つの線分に分かつこと。 ⇔ 外分

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内分の言及

【分知】より

…分知には2種類あり,その一つは上級領主に公認されて正式に大名,旗本,藩士に取り立てられ,所領の宛行状を交付される場合と,上級領主に公認されながらも宛行状を交付されない場合とがある。通常前者が狭義の分知で,後者を内分(うちわけ)と称する。両者の差は,前者は完全独立の分家であり,内分は本家に対して半独立の状態で,願,届などは本家を通じてなされた。…

※「内分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内分の関連キーワードリニア中央新幹線の建設工事の残土アポロニウスの円社内カンパニー制アポロニオスの円メネラウスの定理住民自治協議会胃腸内分泌細胞神経内分泌系ホルモン療法環境ホルモンチェバの定理位置ベクトルJPタワー内分泌器官小山 良修内分泌疾患ホルモン内分泌腺副甲状腺伊達宗勝

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内分の関連情報