メノー(読み)めのー(英語表記)Menno Simons

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メノー
めのー
Menno Simons
(1496―1561)

オランダの宗教改革者。再洗礼派(アナバプティスト)最大のグループであるメノナイトの創唱者。オランダのフリースラント生まれ。12年間、カトリックの牧師として働くうちにミサの儀式や幼児洗礼などの既成の信仰に疑問をもち、熱心な聖書研究のすえ、体験こそすべてに先行すべきであり、自覚的な洗礼と聖餐(せいさん)には根拠があるという結論に達した。メノーの信仰の中心は、「再生」とよばれる体験であり、そこから宗教の自由、教会と国家の分離の思想が導き出される。迫害のなかで、キリストの自由にたつことを主張し、徹底した無抵抗主義(平和主義)を唱え、徴兵制度を否定した。[野村文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メノーの関連情報