コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフェネシン mephenesin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メフェネシン
mephenesin

筋弛緩剤の一種。無色無臭の結晶性粉末で水に可溶。クラーレと異なり,主として中脳,脳幹ならびに脊髄に作用し,筋緊張や筋のけいれんを緩解する。アテトーゼパーキンソン症候群,リウマチ,アルコールおよびストリキニーネ中毒などに用いる。 1946年イギリスの F.バーガーと W.ブラドレーが発見,創成し,47年 F.マリンソンが筋弛緩の臨床実験に成功,マイアネシンの名で商品化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のメフェネシンの言及

【筋弛緩薬】より

…(化学式)(2)中枢性筋弛緩薬 骨格筋の緊張を支配している中枢神経機構に選択的に作用して,筋弛緩を現す薬物を中枢性筋弛緩薬という。1946年にメフェネシンが開発されたときが中枢性筋弛緩薬の始まりで,その後種々の筋弛緩薬が開発された。日本では,メフェネシンは副作用の点で使われなくなったが,下記の薬物が筋肉の異常緊張の治療に用いられている。…

※「メフェネシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メフェネシンの関連キーワードクロルゾキサゾンメプロバメート骨格筋弛緩剤筋弛緩剤

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android