コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メモリーコントローラー(読み)めもりーこんとろーらー

知恵蔵の解説

メモリーコントローラー

CPU等がメモリー(RAM)のデータを読み書きする際にメモリーを制御する装置もしくはその機能。PentiumやCore2 Duo等のインテル製CPUでは、従来からメモリーコントローラーをチップセットに内蔵する設計をとってきた。メモリーのデータの読み書きにはチップセットを介する必要があり、これがデータの読み書きを遅延させる要因となっていた。2008年に同社が発表したCore i7ではメモリーコントローラーがCPUに内蔵され、データの読み書きがより高速化されている。コンピューターを高速化するためにメモリーコントローラーをCPUに内蔵するのは決して新しいアイデアではない。AMD社の互換CPUなどでは以前よりメモリーコントローラーが内蔵されている。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android