コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルウェーデ運河 メルウェーデうんがMerwedekanaal

世界大百科事典 第2版の解説

メルウェーデうんが【メルウェーデ運河 Merwedekanaal】

オランダの運河。メルウェーデMerwede川(ライン・マース川下流の一部)のホリンヘムGorinchemが起点で,ユトレヒト近郊でアムステルダム・ライン運河に通じる。全長36km。2000トンまでの船の航行が可能。もともとアムステルダムとライン・マース川をつなぐ71kmの運河として計画されたが(1895年完成),アムステルダム・ライン運河が1938年に完成し,アムステルダム~ユトレヒト間35kmが新運河に組み入れられ,拡幅・改修された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android