コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルウェーデ運河 メルウェーデうんがMerwedekanaal

世界大百科事典 第2版の解説

メルウェーデうんが【メルウェーデ運河 Merwedekanaal】

オランダの運河。メルウェーデMerwede川(ライン・マース川下流の一部)のホリンヘムGorinchemが起点で,ユトレヒト近郊でアムステルダム・ライン運河に通じる。全長36km。2000トンまでの船の航行が可能。もともとアムステルダムとライン・マース川をつなぐ71kmの運河として計画されたが(1895年完成),アムステルダム・ライン運河が1938年に完成し,アムステルダム~ユトレヒト間35kmが新運河に組み入れられ,拡幅・改修された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報