コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano solo Capriccio brillant

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

メンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano solo

1825年に作曲された。ピアノと管弦楽のための協奏曲。単一楽章で構成されている点を含め、ウェーバーからの色濃い影響がみられる。

4分の4拍子、アンダンテアルペッジョの伴奏和音にのせて、親しみやすい ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

メンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano soloの関連キーワード産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android