コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボワソナード Boissonade de Fontarabie, Gustave Emile

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ボワソナード Boissonade de Fontarabie, Gustave Emile

1825-1910 フランスの法学者。
1825年6月7日生まれ。明治6年(1873)日本政府の招きで来日。司法省法学校,明治法律学校(現明大),和仏法律学校(現法大)などで講義。旧刑法,治罪法,旧民法起草。拷問制度の廃止や外交面でも貢献した。28年帰国。1910年6月27日死去。85歳。バンセンヌ出身。パリ大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ボワソナードの関連キーワード民法の現代語化ボアソナード加太 邦憲井上正一名村泰蔵寺島直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android