アレクサンドル(英語表記)Aleksandr

デジタル大辞泉の解説

アレクサンドル(Aleksandr)

(1世)[1777~1825]ロシア皇帝。在位1801~1825。ナポレオンモスクワ遠征を失敗させ、ウィーン会議では神聖同盟提唱
(2世)[1818~1881]ロシア皇帝。在位1855~1881。ニコライ1世の長男。農奴解放令発布など自由主義的改革を行ったが、のち反動化した。アラスカを米国に売却、日本とは千島列島樺太(からふと)(サハリン)と交換。ナロードニキのメンバーに暗殺された。
(3世)[1845~1894]ロシア皇帝。在位1881~1894。の次男。皇帝専制を行った。フランスと同盟を結び、バルカンに進出。フランス資本を導入して、シベリア鉄道の建設に着工し、ロシア資本主義の発展を図った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アレクサンドル

(Aljeksandr)
[一] (一世) ロシア皇帝(在位一八〇一‐二五)。二度の対仏戦争に敗れたが、ナポレオンのモスクワ遠征を失敗させる。戦後神聖同盟の盟主。(一七七七‐一八二五
[二] (二世) ロシア皇帝(在位一八五五‐八一)。ニコライ一世の長子。農奴解放令を発布し、ツァー体制の近代化を推進。アラスカをアメリカに売却し、千島列島と樺太(からふと)を日本と交換した。のち、弾圧政治を行ない、暗殺された。(一八一八‐八一
[三] (三世) ロシア皇帝(在位一八八一‐九四)。貴族の特権の復活、検閲強化、教育統制、ユダヤ人圧迫など一連の反動政策を推進。(一八四五‐九四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアレクサンドルの言及

【トベーリ公国】より

…モスクワのユーリーと争い,貢税着服とハーンの妹でモスクワ公ユーリーの后コンチャクを毒殺した罪でハーンに処刑された。その子アレクサンドル(1301‐39)の時代の1327年トベーリで民衆蜂起がおこり,ハーン国から派遣されていた有力者や役人を殺害したが,タタール軍とモスクワ公イワン・カリタのために弾圧された。その後約半世紀は,タタールに対する闘いはおさまった。…

※「アレクサンドル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報