コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダンテ andante

翻訳|andante

デジタル大辞泉の解説

アンダンテ(〈イタリア〉andante)

音楽で、速度標語の一。歩く速さで、の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アンダンテ

音楽用語。語源は歩くというイタリア語。ゆるやかに歩くくらいのテンポ。またそのような楽曲のこと。アンダンティーノandantinoはアンダンテより速めとするのが通説。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アンダンテ【andante】

音楽の速度標語の一。モデラートとアダージョとの中間の速度。歩くくらいの速度。また、その速さで演奏する曲や楽章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダンテ
あんだんて
andanteイタリア語

音楽の速度標語。イタリア語のandare(歩く)を語源にもつ。アダージョとモデラートの間のテンポで、「歩くような速さで」を意味する。アンダンテは、19世紀にはもっとも一般的に用いられた速度標語の一つであったにもかかわらず、それが総譜に登場するのは比較的新しい。また、17~18世紀には、速度標語としてよりはむしろ演奏方法の指示としてしばしば用いられていた。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンダンテの関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調(トルコ行進曲付き)/piano soloバッハ:前奏曲とパルティータ ヘ長調(第3旋法による)/piano soloチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ベートーヴェン:アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調/piano soloメンデルスゾーン:華麗なカプリッチョ ロ短調/piano soloアルベニス:マリョルカ島(舟歌)/piano soloバッハ:協奏曲とフーガ ハ短調/piano soloロドリーゴ:遥かなるサラバンド/piano soloウラディーミル フェドセーエフSculpt 3D秋本奈緒美ビバーチェ御代田悟竹田朋華速度記号ハリス上田亮紗綾

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンダンテの関連情報