コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メールガル遺跡 メールガルいせきMehrgarh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メールガル遺跡
メールガルいせき
Mehrgarh

パキスタンにあるこの地方最古の新石器時代の遺跡。イラン高原が高度を下げ,インダス川の平原に降りていく途中に位置する。 1970~80年代にかけてフランスの調査団が調査をし,インダス川流域で最古とされていたキリ・グル・ムハンマド遺跡よりも古い様相を示す層を発見した。下から2番目の層がムンディガク遺跡,キリ・グル・ムハンマド遺跡の最下層と同じである。イラン高原の文化要素が現れており,インダス川流域の新石器文化の起源を暗示している。炭素 14年代測定法では前6千年紀を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android