コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メー・オン(英語表記)mē on

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メー・オン
mē on

ギリシア語で on (存在) に対する「非 (存) 在」「非有」の意。パルメニデス哲学で初めて問題とされた概念。彼は認識論的,存在論的見地から,不滅不動の時間的空間的制約を超絶した自己同一的存在の必然性を明らかにしたが,非在については,かかる存在からのはみ出しとしていかなる意味での実体でもないから,なんら知ることも述べることもできないとしている。彼以後の哲学者たちの非在についての見解は,(1) 述語形態としての「…である」に対する「…でない」 (プラトンアリストテレス) ,(2) (真としての) 存在に対する無 (プラトン) ,あるいは偽 (アリストテレス) ,(3) 定義的に誤謬の帰属すべきもの (プラトン) ,(4) 完成されていない現実態即可能態としての質料 (アリストテレス) ,(5) 存在としての原子の運動する空虚 kenon (原子論) などである。特に (5) については非存在は存在 (の存在性) に劣らず存在するといわれ,積極的機能を与えられているのが注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android