コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着) モエギイソギンチャク Anthopleura midori

1件 の用語解説(モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モエギイソギンチャク【モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着) Anthopleura midori】

花虫綱ウメボシイソギンチャク科の腔腸動物イラスト)。全体が緑色なところからミドリイソギンチャクとも呼ばれる。北海道南西部より本州,九州の海岸に分布し,岩礁の割れ目や小石や砂がたまっているところでふつうに見られる。体の高さは2~6cm,幅2~4cmの円筒状であるが,中央部が細くなっていることが多い。体壁には鮮緑色の小さないぼが縦に96列も並んでいて砂や貝殻片を少量つけている。触手は淡黄色で,2本の緑色のすじが全長にわたってあり,基部は赤褐色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着)の関連キーワード磯花海唐松腔腸珊瑚六放珊瑚磯巾着海サボテン砂巾着花巾着イソギンチャク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone