モエン島(読み)もえんとう(英語表記)Moen

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モエン島
もえんとう
Moen

太平洋北西部、ミクロネシアのカロリン諸島東部、チューク諸島(トラック諸島)を構成する約90の島々のうち、やや大きな七島の一つ。標高376メートル。コプラとかつお節を産する。日本の委任統治時代(1919~45)には春島の名でよばれた。第二次世界大戦後、チューク諸島の行政中心地となった。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android