コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューク諸島 チュークしょとう Chuuk Islands

2件 の用語解説(チューク諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューク諸島
チュークしょとう
Chuuk Islands

西太平洋ミクロネシア連邦カロリン諸島中にある島群。旧称トラック諸島モエン島,ダブロン島,ウマン島,フェファン島など 16の火山島からなり,サンゴ礁で囲まれている。日本統治時代はダブロン島が中心で,海軍基地として第2次世界大戦の戦場となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューク諸島
ちゅーくしょとう
Chuuk Islands

太平洋西部、ミクロネシアカロリン諸島中部にある島々。ミクロネシア連邦所属。現地名ホゴルーHogoleu島。1990年1月、現名に変更するまではトラック諸島Truk Islandsとよばれた。人口7万4300(2001推計)。直径が65キロメートルの大きな環礁の中に、トルTol島(標高435メートル)、モエンMoen島(376メートル)、デュブロンDublon島(353メートル)、フェファンFefan島(313メートル)、ウマンUman島(288メートル)、ウドットUdot島(242メートル)などの高い島々が散在する。第一次世界大戦後、日本の委任統治領となり、かつお節コプラの産出があったほか、日本海軍の基地として重要であった。当時は四季諸島、七曜諸島の名でよばれ、島々は秋島(フェファン)、冬島(ウマン)、月曜島(ウドット)などと命名されていた。第二次世界大戦初期には合計人口3万5000を数えたが、1944年アメリカ軍の大空襲を受けて基地は壊滅した。戦後、アメリカ信託統治領のトラック行政区となり、1979年ミクロネシア連邦に加わった。1990年信託統治が終了した。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューク諸島の関連キーワードカロリン諸島トラック諸島ミクロネシアミクロネシア諸語ヤップ島ミクロネシア連邦カロリン[諸島]トラック[諸島]ポナペ[島]ヤップ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チューク諸島の関連情報