コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクポ(木浦)市 モクポMokp'o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクポ(木浦)〔市〕
モクポ
Mokp'o

韓国,チョルラナム (全羅南) 道の南西部にある港市。 1949年市制。ムアン (務安) 半島の先端にあり,周辺を半島や島々で守られた良港を擁する。古くから交通,軍事の要衝で,李氏朝鮮では木浦鎮,木浦営となり水軍がおかれた。 1897年開港し,1914年ホナム (湖南) 鉄道が開通すると,肥沃なチョンナム (全南) 平野を後背地として,中国のチンタオ (青島) ,シャンハイ (上海) ,日本の長崎などとの間に貿易が行われた。現在は造船,磁器,醸造,製鋼などの工業が盛ん。大型漁港で,沿岸航路の寄港地。土砂の堆積が多く,前面のサムハク (三鶴) 島が陸続きとなった。面積 35km2。人口 25万 3423 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モクポ(木浦)市の関連キーワードチェジュ(済州)市ホン(紅)島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android