コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モシリヤチャシ モシリヤチャシ

1件 の用語解説(モシリヤチャシの意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

モシリヤチャシ【モシリヤチャシ】

北海道釧路市にある北海道の先住民アイヌの砦跡。国指定史跡。言い伝えによれば、1751年(宝暦1)に、この一帯で勢力をふるったトミカラアヤノという名前のアイヌが築造したもの。釧路市立博物館には、トミカラアヤノの一族の系図などが保存・展示されている。チャシ(砦)は長径約170m、短径約70mの楕円形の丘で内郭(本砦)と外郭(副砦)に分かれており、内郭には空堀がめぐらされ、その堀をつくった際に出た土砂を利用して土塁がつくられた。竪穴、貝塚も残っている。1935年(昭和10)に同市内のチャランケチャシ、春採(はるとり)台地竪穴群などとともに「モシリヤ砦跡」として国指定の史跡に指定された。JR根室本線釧路駅から徒歩約30分、またはタクシー

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モシリヤチャシの関連キーワード釧路公立大学釧路道議会北海道庁釧路港釧路空港釧路市動物園阿寒丹頂の里釧路市丹頂鶴自然公園高倉新一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone