モス条約(読み)もすじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モス条約
もすじょうやく

1814年8月14日オスロ北部のモスMoss市で結ばれたスウェーデン・ノルウェー間の休戦条約。この条約により特別に招集されたノルウェー議会とスウェーデン国王任命の地方行政官の手で、アイスボル憲法に沿った両国の連合協定作成が決定された。同年1月締結されたキール条約に不満を抱き交戦したデンマークのノルウェー総督フレデリックChristian Frederick(1786―1848)は退任した。翌年同君連合協定が成立した。[大島美穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android