コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モッツ Motz, Friedrich von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モッツ
Motz, Friedrich von

[生]1775.11.18. カッセル
[没]1830.6.30. ベルリン
ドイツ,プロシアの政治家。ヘッセンの官僚貴族の家に生れ,マールブルクで法学を修めたのち,友人 F.フィンケの紹介でプロシア政界に入った。 1825年蔵相となり,ドイツ関税同盟の土台となった 28年のプロシアとヘッセンダルムシュタット間の関税同盟を実現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モッツの関連キーワードヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群サン・ジョルジョ・マジョーレ聖堂[ベネチア]明治北海道十勝ナチュラルチーズモッツァレラ・イン・カロッツァ雪印北海道100 モッツァレラ明治北海道十勝とろけるチーズ明治北海道十勝細切りチーズチャールズ ナイディッククラフトとろけるチーズピッツァ・マルゲリータテアトロ・オリンピコサン・マルコ図書館フレッシュチーズ明治ボーノチーズ焼きヨーグルトビラ・ロトンダパラディオ主義サッビオネータオリンピコ劇場オリンピコ座

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モッツの関連情報