コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノローグ劇 モノローグげき

世界大百科事典 第2版の解説

モノローグげき【モノローグ劇】

一人芝居。1人の俳優のみによって演じられる劇。モノローグとは独白を意味する。ときには他の俳優も登場するが,せりふは語らない。1775年から80年にかけてドイツの俳優ブランデスJohann Christian Brandes(1735‐99)がみずからの演技力を誇示するために盛んに実践し,人気を得た。これはモノドラマmonodramaと呼ばれるが,モノローグ劇という言葉は一般にもう少しまとまった一幕劇ないし一回の演目として十分な長さの劇を指すようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モノローグ劇の関連キーワードトルナトーレ台詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノローグ劇の関連情報