肉声(読み)にくせい

精選版 日本国語大辞典「肉声」の解説

にく‐せい【肉声】

〘名〙 肉体から出るマイク、電話などの機械を通して出る声に対して、人間から直接発せられる音声
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「と云は人の直に口より出す声を肉声と云ぞ」 〔事物異名録‐音楽、歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肉声」の解説

にく‐せい【肉声】

マイクや電話のような機械を通した声に対し、人ののどから出るなまの声。「肉声でも聞こえる広さの部屋」
人工的に作り出された音声に対し、人が出す声。「肉声による車内放送」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例