コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉声 ニクセイ

デジタル大辞泉の解説

にく‐せい【肉声】

マイクや電話のような機械を通した声に対し、人ののどから出るなまの声。「肉声でも聞こえる広さの部屋」
人工的に作り出された音声に対し、人が出す声。「肉声による車内放送」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくせい【肉声】

マイクなどを通さない、人間の口から出たそのままの音声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肉声の関連キーワード世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊ピウスツキ(Bronisław Piłsudski)ブラウン(James Brown)本居宣長(小林秀雄の評伝)ブロニスロー ピウスーツキ快楽亭ブラック(1世)生れてはみたけれど眠られぬ夜のためにR.G. カドゥー漱石アンドロイドアフリカ音楽言論の自由表現の自由入出力装置日本民謡EVRC聴力検査代用音声野口武彦福島泰樹

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉声の関連情報