コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレスカ moresca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレスカ
moresca

スペインのムーア人 (→ベルベル人 ) によってヨーロッパに移入されたムーア舞踊。 15~16世紀に一般化した。腰に鈴をつけて顔を黒く塗りグロテスクな仮装をし,1人で,またはキリスト教徒イスラム教徒に分れて合戦風に大勢で踊る。現在ではスペインコルシカグアテマラなどに残っている。イギリスには 14世紀頃に伝わり,モリス・ダンスと呼ばれるようになった。宗教改革の際には国法で禁じられたが,北部に民俗舞踊として残っていたものが今日も祝祭日などに踊られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android