コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレスコット モレスコット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレスコット

モーレショット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モレスコット
もれすこっと
Jacob Moleschott
(1822―1893)

オランダ生まれの自然科学者。ドイツ語読みでモレショットともよばれる。ハイデルベルク大学で医学を勉強、生理学と人間学に関する論文で教授資格をとるが、無神論者であることからハイデルベルクを追われ、1856年チューリヒ大学の生理学教授となる。その後、トリノ大学を経てローマ大学に移り、ローマで生涯を終えた。精神を中心とする従来の哲学傾向に反発、生の過程を機械論的化学的に説明し、また全現実を物質的素材に還元して、世界内のすべてのできごとを物質的素材の運動から説明した。モレスコットのこの機械論的唯物論は、ビュヒナーやフォークトの自然科学的唯物論とともに、当時のドイツの知識層に歓迎された。[宇都宮芳明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

モレスコット

生年月日:1822年8月9日
オランダ生まれのドイツの生理学者,哲学者
1893年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

モレスコットの関連キーワード俗流唯物論生年月日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android