モンテフェルトロ家(読み)モンテフェルトロけ(英語表記)Montefeltro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンテフェルトロ家
モンテフェルトロけ
Montefeltro

中世イタリアの貴族の家系。中部イタリアのマルケからロマーニャにまたがるモンテフェルトロ地域の出身で,1234年ブォンコンテの代にウルビノのシニョーレ(僭主)となる。ダンテの『神曲』「地獄編」で言及されるグィード(1298没)は皇帝派(ギベリーニ)の活動的人物で教皇派(グェルフィ)と激しく争ったが,最後には教皇ボニファチウス8世に属した(→教皇派と皇帝派)。1443年オッダントニオの代にウルビノ公の称号を許され,ローマの有力貴族コロンナ家と姻戚が生じた。オッダントニオの父グイダントニオ(1443没)の庶子フェデリーコ(1422~82)はコンドッティエーリ(傭兵隊長)および文芸保護者として知られ,1474年教皇シクスツス4世からウルビノ公国の領有を正式に認められた。その子グィードバルド(1472~1508)の代にチェーザレ・ボルジアとの領地争いが生じたが,グィードバルドの死によって家系は絶えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のモンテフェルトロ家の言及

【ウルビノ】より

…イタリア中部,マルケ州の都市。人口1万5410(1990)。標高485mの丘の上にある,城壁に囲まれた古い町。農業のほかに,煉瓦,刃物,錬鉄細工,家具,マジョリカ(マヨリカ)陶器の製造など,伝統的な手工業が発達している。また,ルネサンス期のたたずまいを残す家並み,威容を誇る宮殿パラッツォ・ドゥカーレ(マルケ国立美術館が置かれる),画家ラファエロの生家などがあり,ウルビノ大学は1506年に創立された長い伝統を誇っている。…

※「モンテフェルトロ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android